アウトソーサーの条件

2015.07.10. written by 植竹

こんにちは、経理アウトソーシングのゴリコンです。
前回、派遣との違いに絡めてアウトソーシングの定義を考えました。
では、顧客に選ばれるアウトソーサーとはどのような条件を備えているものでしょうか。
アウトソーサーには以下の条件が必要だと思います。
①アウトソーシングの概念を理解していること。(アウトソーシングとは顧客のノンコア業務を引き受けて、顧客の経営力向上につなげる業務)
②高い専門性を保有していること。
③運用だけではなく、企画・設計・計画機能を有していること。
④独立した存在であること。
⑤顧客と意識の共有ができていること。
⑥秘密保持など、適正に遂行できる管理体制を有していること。
①②④⑥はゴリコンが専門集団ゆえ当然持っている話だと考えます。
しかしながら③⑤は、お客様の立場を理解していること、いわゆる当事者意識があるかないかが問われているのだと思います。
当事者意識があるからこそ、お客様の業務を漫然と代行するだけでなく、企画、設計、計画、改善提案を行うことができます。また当事者意識があるからこそ、お客様との意識も共有できます。
当事者意識のある専門家集団、ゴリコンを目指して、日々精進していきたいと思います。

著者情報
written by 植竹

Contact Us

お仕事の依頼やご相談、弊社ご説明は
こちらからお問い合わせください。
Tel:03-6805-1308 /
 Fax:03-6805-1309

PageTop