戦略的アウトソーシング導入手順

2015.07.24. written by 梅田

こんにちは。経理アウトソーシングのゴリコンです。
ゴリコンは、単に人手不足を解消するだけの業務補助的アウトソーシングではなく、経営力向上までつなげる戦略的アウトソーシングを提唱しています。
戦略的アウトソーシングは、会社とアウトソーサーのコミュニケーションが何より大切となります。
戦略的アウトソーシングは具体的には以下の手順で進めることとなります。
①会社でアウトソースするノンコア業務を選定する。(自社の中核業務の再確認にもなります。)
②信頼できるアウトソーサーを選定する。(専門的能力があって当事者意識があるアウトソーサーである必要があります。)
③自社におけるアウトソーサーへの窓口担当者を選定する。(アウトソーサーの業務を検証する役割も担うため、アウトソーサーの業務を理解できることが必要である。)
④アウトソーサーと契約する。
⑤窓口担当者とアウトソーサーで業務の分担を明確に決める。(責任の所在や品質向上のため業務の分担を決めることは大切です。)
⑥最低でも月に一回はアウトソーサーから窓口担当者へ業務報告を行い、業務改善を適時に行っていく。(アウトソースすることによって、業務のムリやムダが解消できないと戦略的アウトソーシングにはなりません。)
ゴリコンは戦略的アウトソーシングのご提供を常に心がけております。 どうぞお気軽にご連絡ください。

著者情報
written by 梅田

Contact Us

お仕事の依頼やご相談、弊社ご説明は
こちらからお問い合わせください。
Tel:03-6805-1308 /
 Fax:03-6805-1309

PageTop